高い性能を誇る窓へとリフォームしよう

お年寄りにも安心できるユニットバスのリフォーム

お年寄りのいる家庭では安心できるユニットバスへのリフォームがお薦めです。お年寄りのための配慮はお年寄りのためだけでなく、お子さんや普通の大人でも使いやすいものです。お年寄りに安全なユニットバスのリフォームの基本は床の段差をなくすことです。床の段差とは脱衣室と浴室の床に高低差を設けないことです。

ユニットバスには出入り口付近に排水溝を設けてあり、床がフラットでも水が脱衣室に流れない工夫がされてあります。床に段差を付けないためには、建築工事が必要になることがありますが、床の段差のある無しがお年寄りの安全に直結するために、建築工事はやっておいた方がお年寄りのためになります。お年寄りに安全なユニットバスのリフォームでは手すりの設置が必要です。手すりはお年寄りが浴槽に入りやすくするために、入り口側に一つと、浴槽の奥に一つ必要です。

手すりを設置する場合は、万が一お年寄りが転倒した場合でも、頭部をぶつけないような配慮が必要です。メーカーによっては、手すり上の突起物を設けて握りやすく配慮してあるタイプがあります。お年寄りの安全のために積極的に利用したいものです。お年寄りが安心してお風呂に入るためには、浴室内の温度管理が大切です。

給湯器にはお湯の供給だけでなく、浴室の暖房にも使えるタイプがあります。浴室乾燥機とセットに暖房もできるタイプもあるので、検討してみる必要があります。脱衣室の側にも暖房機を設置し、浴室との温度差をなくすことがお年寄りにとっては必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です