高い性能を誇る窓へとリフォームしよう

ユニットバスのリフォームはどうするか

最近の一戸建て住宅や分譲マンションそれに賃貸マンションやアパートなど、ユニット式の浴室が主流になってきました。タイルなどで施工する従来の浴室に比べると、比較的メンテナンスは少ないですがそれでもリフォームは必要になってきます。ユニットバスの傷みが激しいのは、アパートなどによく使用されたFRP製やポリエチレンなどの材質のユニットバスでしょう。細かな傷が入りやすくそこに水垢などの汚れが入り込んでなかなか落ちなくなってしまいます。

古くなると材質が劣化して、硬いものを落とすと割れたりする場合もあります。これらのユニットバスのリフォームは方法は、専用の塗布する材料があるので浴室内をよく乾燥させて、全体的に塗布するとよいでしょう。割れや穴が開いて補修のできない場合は、ユニットバス全体を取り換えるリフォーム方法しかないでしょう。ステンレス製やホーロー製の製品になると、比較的傷も入りにくく汚れも付きにくいものです。

しかし長い間には水垢や湯垢がついて白っぽくなってきます。ホームセンターで専用の洗浄剤を買ってきて掃除すると、比較的きれいに落ちる場合があります。あまりにも水垢や湯垢がひどくて手に負えない場合は、ハウスクリーニングの専門業者にお願いするときれいに落としてくれます。傷などが入って気になるようなら、メーカーに相談すると専用の補修駅もあるのでこれで補修するとよいでしょう。

ユニットバスのリフォームをすぐ取り換えで済ますのではなく、最近はいろいろな方法があるので検討して安くあげるのもお得な方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です